PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon10.gif

2011年2月19日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年2月19日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介
Lacroix Despheres「Le Sortilege」
Lacroix.jpg
http://www.youtube.com/user/OfficeLacroix

昨年3月から活動を休止していた男女混声Vo、ツイン・ギター、更にフルート、オーボエ奏者を擁するロックオペラ・バンド、ラクロワ・デスフェール。長らく静寂が流れていた舞踏場に再び開幕のベルが鳴る。
昨年12月にリリースされた渾身の傑作『Dernier Paradis act2』は前作よりも更に強固になった印象派的オーケストレーションとシンフォニック・メタルを系譜としたバンド・サウンドが邂逅を果した名盤。静謐と荘厳の合唱によるイントロダクション「Vox arcana」、昨年の本誌3月号で月間チャンピオンを獲得した「Scivias」、「Diarium」ではアコギ・ソロや台詞の掛け合いなど目紛しい展開劇で魅せるなど何れ劣らぬ名曲揃いだが、今回は5曲目の「ル・ソルティレージュ」をピックアップ。“失われた旋律”を巡る物語のクライマックスに配された本曲は、やはり壮大なサウンドスケープを構築。雨の中を駆ける女性の息切れを劈く重厚硬質な刻み、優雅かつ切迫した木管楽器隊のオブリ、気高く凛とした両ボーカルの絡み、転調、語りなどラクロワ・デスフェールの主たる要素が結集した大曲。アルバム全体…いや、徹底的に拘り抜いたアートワークやライブも含めた表現すべてをもってして完結する世界ゆえに、1曲だけをフィーチャーするのは野暮かも知れないが是非この曲を入り口に幅広く奥深い物語へと足を踏み込んで頂きたい。
SIXNINEROCKS「WILD WILD WILD」
69.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=sCwSbGJ1su8

昨年福生チキンシャックにて行なわれたSIX NINE RCOKSのライブ映像。彼らの得意とするコール&レスポンスから幕を上げる「WILD WILD WILD」は激しいブギーナンバー。ハードさの中にもほんのりと甘さを擁したバンドサウンドとシャウトするヴォーカルの魅力もさることながら、強烈な♪WILD WILD WILD〜のサビメロが印象的。ツインギターそれぞれのソロプレイがフィーチャーされており魅せてくれます!
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。