PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon10.gif

2010年12月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2010年12月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介します。
オカヤス マサユキバンド「都会の夜を彩る男」
okayasu.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=6fFl4DW7fjw

“蒼天のギタリスト”ことオカヤスマサユキが登場。You Tubeにアップされている大人な雰囲気のインスト、「都会の夜を彩る男」はマイナーの循環コードに9thと13thのテンションがピリッと効いたコード・バッキングとムーディなメロディ・ラインが実に渋い! AORチックな主旋律とスティーヴ・ヴァイのようなスイープを効果的に使用したギター・ソロが印象的である。キーボードとの絡みがスリリングなエンディングが実に刺激的。
fal☆naru「Keep It Real」
fainaru.jpg
http://fainaru.syncl.jp/?p=diary&di=574297

■ 曲についてのコメント
直訳すると「それを本物に保つ」って感じだけど「自分を見失わない」という意味。イメージは動画で使った画像そのまま雪山(スキー場)です。初めて連れて行ってもらったときのワクワク感。上手く滑れなくても自棄にならず、自分を見失わずイクゾ! そんな感じを狙ってみました。
FictionTunes「VS.」
fiction.jpg
http://jp.myspace.com/fictiontunes_

■曲についてのコメント
セルフアルバム『FictionTunes』に収録された人気曲。ダンスミュージックの影響下にある、インストナンバーであり、アタックの効いた四つ打ちと反復するシンセフレーズを基調とし、徐々に躍動感のある楽曲展開へと。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。