PLAYER ON-LINE HOME > Player MOVE ON
moveon10.gif

2011年2月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年2月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介
さらさ「cycle flow」
sarasa.jpg
http://jp.myspace.com/sarasa2008

アイリッシュハープ奏者のMachikoとフィンガースタイルを得意とするアコースティックギタリスト森川敏行デュオ。ハープとアコギと言われるとヒーリング系なイメージを持つが、「JET」などは痛快なアップテンポナンバーだし、今回の「cycle flow」も同様で、ハープのアルペジオがピッキングハーモニクスみたいな音で綺麗で印象的! キャッチーなテーマ性を持った楽曲取っ付きやすいので、彼らの音楽は今後より脚光を浴びそうだ。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! いよいよ3月からは「Move On 2011」がスタート! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年2月19日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年2月19日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介
Lacroix Despheres「Le Sortilege」
Lacroix.jpg
http://www.youtube.com/user/OfficeLacroix

昨年3月から活動を休止していた男女混声Vo、ツイン・ギター、更にフルート、オーボエ奏者を擁するロックオペラ・バンド、ラクロワ・デスフェール。長らく静寂が流れていた舞踏場に再び開幕のベルが鳴る。
昨年12月にリリースされた渾身の傑作『Dernier Paradis act2』は前作よりも更に強固になった印象派的オーケストレーションとシンフォニック・メタルを系譜としたバンド・サウンドが邂逅を果した名盤。静謐と荘厳の合唱によるイントロダクション「Vox arcana」、昨年の本誌3月号で月間チャンピオンを獲得した「Scivias」、「Diarium」ではアコギ・ソロや台詞の掛け合いなど目紛しい展開劇で魅せるなど何れ劣らぬ名曲揃いだが、今回は5曲目の「ル・ソルティレージュ」をピックアップ。“失われた旋律”を巡る物語のクライマックスに配された本曲は、やはり壮大なサウンドスケープを構築。雨の中を駆ける女性の息切れを劈く重厚硬質な刻み、優雅かつ切迫した木管楽器隊のオブリ、気高く凛とした両ボーカルの絡み、転調、語りなどラクロワ・デスフェールの主たる要素が結集した大曲。アルバム全体…いや、徹底的に拘り抜いたアートワークやライブも含めた表現すべてをもってして完結する世界ゆえに、1曲だけをフィーチャーするのは野暮かも知れないが是非この曲を入り口に幅広く奥深い物語へと足を踏み込んで頂きたい。
SIXNINEROCKS「WILD WILD WILD」
69.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=sCwSbGJ1su8

昨年福生チキンシャックにて行なわれたSIX NINE RCOKSのライブ映像。彼らの得意とするコール&レスポンスから幕を上げる「WILD WILD WILD」は激しいブギーナンバー。ハードさの中にもほんのりと甘さを擁したバンドサウンドとシャウトするヴォーカルの魅力もさることながら、強烈な♪WILD WILD WILD〜のサビメロが印象的。ツインギターそれぞれのソロプレイがフィーチャーされており魅せてくれます!
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年2月12日到着分までの「ACO」系作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年2月12日到着分までの「ACO」系作品を御紹介します。
2ndAvenueCats「Around The Blues」
2nd.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=pd-2KCa7VYI

常に多岐に渡る音楽生にトライして驚かせてくれる彼らだが、「Around The Blues」はスライドギター1本の伴奏によるデルタブルース・アプローチ。ちょっぴりスモーキーなテイストで歌い上げる村上マリア(vo)がキュートなPVで、ブルーズ文化のクールさをさり気なく織り交ぜた映像もユニークである。ルーツミュージックのリスペクトを、ちゃんと今現在のテイストを加味して具現化する非凡なセンスはいつ聴いても素晴らしい。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年2月5日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年2月5日到着分までの「ROCK・POPS」系応募作品を御紹介します。
Saboten Star「回転木馬の夜」
saboten.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=Fij0dGu4pus

冒頭のアカペラ部で鳥肌立つこと必至。サボテン・スターはKONOMI(vo)とけんたろー(key)を中心としたジャズラテン・バンド。兎角、KONOMIのどこまでも伸びて行く歌声に度肝を抜かれるが、楽器隊も負けてはいない。全編に渡り歌詞が無いため、情景を雄弁に語っているのはけんたろーの弾んだ鍵盤だったり、咽ぶサックスだったり。“我が我が”精神皆無の演奏はいかにKONOMIの歌を聴かせようとしているかが窺える名演。
Cruising☆Star「風ガール」
crusta.jpg
http://www.myspace.com/cruisingstar

女性は誰もが一度は風ガールになった事があって男性は誰もが一度は風ガールに会った事があるはず。記憶にないのなら、気づかないだけ。または忘れているだけ。一緒に想い出してみませんか? これは「風ガール」の歌。そして、現在進行形の物語。ギターはfホールのないfenderテレキャスターシンラインをメインにエピフォンテキサン、ギブソンファイヤーバード(スライド)を使用しています。
Dixie「Never Give Up」
dixie.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=zBVr11Ywurs

男女混合バンド、Dixieがミディアム・テンポのソウルフルな「Never Give Up」で初のエントリー。ウェットで艶気漂う永澤英人(vo)に絡み合う女性コーラス2人は、まるで曲中の男女の恋模様を鮮明に映し出しているかのよう。洒脱なカッティングから泣き濡れたギター・ソロも若人には真似出来ないはず。いつまでもパンクやメタルを忘れないオジ様も素敵ですが、人生経験を重ねたがゆえの哀愁を滲ませるバンドも素敵ですよね〜。
少年初期衝動「二次元ガール」
syonen.jpg
http://jp.myspace.com/syonennsyokisyoudou

岡山拠点のポップパンク・バンドが鮮烈な愛を歌う。曲題から窺い知れる通り、二次元少女しか愛せない人間が主役。ともすれば奇をてらったイロモノバンドと思われそうだが、冒頭から良い意味でのキッチュさを携えたkeyが良い感じ。もちろん“普通のラヴソングなどクソ喰らえ!”の歌詞も痛快なのだが、人を食ったようなドラム・ボーカル、しゅうごの歌い口も堪らない。昨年結成だが、このまま変な器用さは身に付けないで欲しいところ。
The たつまき「大桟橋」
tatumaki.jpg
http://jp.myspace.com/moneyoh

MoveOnではお馴染み、孤高のギタリストMoney Ohが新バンドにて初エントリー。意外にも歌モノ、しかもラブソングということに一瞬驚くが、やはり大人の艶気がグッと香り立つ極上の1曲になっている。RANOのウェッティな歌い口に同調させた暖かみあるサウンドで展開。もちろんブルースなソロも随所に配されており、インスト曲では見えなかった側面を提示している。今後生まれてくる楽曲やライブ活動にも期待です!
halfway to the sun 「Sunset」
halway.jpg
http://www.myspace.com/halfwaytothesun

確固たる世界観と流麗なコーラスワークで聴かせる結成3ピースが久々に登場。イントロの時点で音が持つ引力と説得力は尋常ならざるものを感じさせる。間奏もソロではなく、あくまで3人のアンサンブルで展開し、サビのダウナーかつキャッチーなメロも彼らならでは。本コーナーでは珍しく、スタジオでの演奏を捉えたクリップとなっているため使用機材やプレイの1つ1つが確認できるのも嬉しい限り。
Ryo「大事な話」
ryo.jpg
http://www.myspace.com/murayamaryo

最初に他の曲を聴いてしまったので、“10代の技巧派プレイヤー”って印象を勝手に抱いていたのだけれど、エントリー曲を聴けばボーカリストとしての天性も持ち合わせていることに脱帽! エモーショナルなサビ始まりから、情報量の多い半ポエトリーリーディング。随所ではHR/HM直系の速弾きも見せてくれる。おそらくバンドでこそ更なる輝きを放つプレイヤーなので、その辺りにも期待! YouTubeでは同曲のPVも公開中。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年1月22日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介

2011年1月22日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介

 音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年1月22日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介します。
DOOJUU「Cheerful Rabbit」
doojuu.jpg
http://www.myspace.com/doojuu

■曲についてのコメント
自分のギターの音を全面に出そうと思い、オールクリーントーンで、ポップなインストを作りました☆ ウサギさんが森の中で、生活していて、さまざまな出来事を経験をしてゆく様子を表現しました!卯(ウサギ)年を景気付けられたらいいなと思っております。w(^.^) 今年もよろしくお願いしますm(__)m
さらさ「オセロ」
sarasa.jpg
http://www.myspace.com/sarasa2008

■曲についてのコメント
スペイン・闘牛をイメージした曲です。アイリッシュハープとアコースティックギターが戦う様子をゲームのオセロにみたてて、オセロというタイトルをつけました。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年1月15日到着分までの「ACO」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年1月15日到着分までの「ACO」系応募作品を御紹介します。
ケチャップマヨネーズ?「ほっとポッケ」
ketimayo.jpg 
http://www.youtube.com/watch?v=NcPuIng2p58&t=1m7s

ライブBarは勿論、地域のお祭りから幼稚園まで。依頼があればどこへでも歌を届けに行く夫婦ユニットがケチャマヨ。今回のエントリー曲「ほっとポッケ」は極寒の今年の冬をほっこりと温めてくれるナンバーだ。シンプルなメロディーラインと辞書を引く必要一切無しの歌詞は、まさに老若男女誰でも口ずさめる仕上がりに。朴訥なフィンガー・ピッキングと夫婦ならではのコーラス・ワークは凝り固まった心を解してくれること必至。
茶柱「コーンポタージュスープのおまじない」
TIBASIRA.jpg
http://www.chabashira.cc/cha/REC/list.html

新潟拠点、05年結成の茶柱。バンド名にも流れているホッコリとした世界観は楽曲にも通じている。中でも今回のエントリー曲はその最たる例と言っても良さそうな仕上がり。NHK「みんなのうた」さながらの明快なメロディーに弾けるような鍵盤の音色は寒さで固まった心を溶かしてくれること必至。YouTubeやマイスペでは同曲を用い、イラストレーターとコラボしたアニメーション作品もアップ。
牧野憲人「それが最後だとわかっていたなら」
makino.jpg 
http://www.myspace.com/daikoukairyodan

自身が15歳の時に亡くした私の母への想いを歌い上げた1曲…。「本当に大切なものは、失って初めて気付くものであってはいけないと思います。自身の体験を胸に、一人でも多くの方が私の曲を通じ、それぞれの"大切なもの"に気付いて貰えたらと願っております。」 誰もが心で誓っていても思うようにはいかないのも人生。戒めの気持ちとせつなさで胸がいっぱいになる楽曲だ。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年1月8日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年1月8日到着分までの「HR/HM」系応募作品を御紹介します。
SIXNINEROCKS「Born in the R&R」
69.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=pgrzriXKmiI&feature=related

痛快過ぎるタイトルの爽快な楽曲をエントリーしてくれるSIXNINEROCKS。今回の「Born in the R&R」はボン・ジョヴィの「Blame it on the love of R&R」に触発されて書き上げた1曲。だ、そうだが仕上がりは唯一無二の69ROCK節に完成。Jackのボーカルは相変わらずけたたましいし、Rosy(g)とFever(g)2人のギタリストにそれぞれソロを用意。今回も圧巻のライブ映像のため、気になった方は是非足を運んでみよう!
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2011年1月1日到着分までの「ROCK/POPS」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2011年1月1日到着分までの「ROCK/POPS」系応募作品を御紹介します。
Sweep「感謝の涙」
sweep.jpg 
http://jp.myspace.com/sweep2002

加藤大典(b,g,key,prog)、チカエ(vo,sax)による2人組Sweep。「感謝の涙」はライブの定番曲で、独自のヴォイシング美学とコーラスアンサンブルを押し出した大作。各自ともに個々のプロジェクトやアーティストサポートやセッションワークなど多彩に活動する猛者だが、この2人だから徹底的に作りこめる、和製A.O.Rの推移を凝縮したかのような圧巻のクォリティだ。2011年はSweepとしてライブ、リリースなど精力的に展開するそうなのでポップファンは注目である。
Savin’Grace「星の降りそそぐ夜に」
savin.jpg
http://cheap.web.infoseek.co.jp/

■曲についてのコメント
渾身のサードアルバム「Tonight」最後を飾る壮大なバラード。一聴するとアメリカンロックっぽいですが、ところどころのキメはブリティッシュ? とにかく目まぐるしい展開と流れるようなメロディーに酔っていただければ…。
Sofi Persson「This Is Me」
sofi.jpg
http://monstar.fm/sofi

昨年の12月号にて見事マンスリー・チャンピオンの座を射止めたSSW、ソフィ・ペルソンがガットギター1本の弾き語りで壮大な世界を見せる「ディス・イズ・ミー」でエントリー。アルペジオを爪弾きながら無情な時の流れを歌うAメロから、その時の中でも揺るがない自分をたからかに叫ぶサビでは力強いストロークへ移行。展開も少なく、シンプルなコード進行ながらも…いや、だからこそ“This is me”のリフレインには心打たれる。
Misty「才能なんてない」
misty.jpg
http://www.myspace.com/misty965

ガールズ・バンド、ミスティーが新境地とも取れる7分半の大曲でエントリー。沸々と温度を上げていき、サビで100℃以上に達する展開は秀逸。2コーラス目から躍動するベースやLからのギターなど、アレンジも丁寧に構築されている為、長尺などまったく気にならない仕上がりに。美里(vo)の歌詞も無根拠な応援と呼ぶよりは自らの弱さも吐露しつつの激励と言った文脈であり、今後のライブにおいてハイライトとなりそうな予感
。プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2010年12月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは2010年12月26日到着分までの「INST」系応募作品を御紹介します。
オカヤス マサユキバンド「都会の夜を彩る男」
okayasu.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=6fFl4DW7fjw

“蒼天のギタリスト”ことオカヤスマサユキが登場。You Tubeにアップされている大人な雰囲気のインスト、「都会の夜を彩る男」はマイナーの循環コードに9thと13thのテンションがピリッと効いたコード・バッキングとムーディなメロディ・ラインが実に渋い! AORチックな主旋律とスティーヴ・ヴァイのようなスイープを効果的に使用したギター・ソロが印象的である。キーボードとの絡みがスリリングなエンディングが実に刺激的。
fal☆naru「Keep It Real」
fainaru.jpg
http://fainaru.syncl.jp/?p=diary&di=574297

■ 曲についてのコメント
直訳すると「それを本物に保つ」って感じだけど「自分を見失わない」という意味。イメージは動画で使った画像そのまま雪山(スキー場)です。初めて連れて行ってもらったときのワクワク感。上手く滑れなくても自棄にならず、自分を見失わずイクゾ! そんな感じを狙ってみました。
FictionTunes「VS.」
fiction.jpg
http://jp.myspace.com/fictiontunes_

■曲についてのコメント
セルフアルバム『FictionTunes』に収録された人気曲。ダンスミュージックの影響下にある、インストナンバーであり、アタックの効いた四つ打ちと反復するシンセフレーズを基調とし、徐々に躍動感のある楽曲展開へと。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2010年12月19日到着分までの「ACO系」応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 10」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2011年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。「Move On 10」の具体的な内容に関しては「MOVE ONについて」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料ですのでお気軽にご登録いただければ幸いです。

今回のMoveOnブログは12月19日到着分到着分までの「ACO系」応募作品を御紹介します。
2ndAvenueCats「izanami」
2ndavenuecat.jpg 
http://www.youtube.com/watch?v=jbhfpNwrJpg

オーソドックスなブルースやカントリーも得意としながら、そこに神話性や民族音楽性を加味させたときの2ndAvenueCatsの曲は堪らない。そういう意味で今回の「izanami」は最たる例と言って良いだろう。冒頭と曲の着地こそはフラメンコを感じさせるが、ブズーキが暴れ回る中盤からはカテゴライズ不可能な世界に。それと付随して、曼荼羅のように流れて行く村上マリア(vo)と岡田実(g)のボーカリゼーションも見事。
MaSu「もう一度」
masu.jpg
http://www.myspace.com/masucraftmusic

最近自分の周りで結婚という言葉を耳にして、結婚したらどうなるんだろうか、家族の関係はどうなるんだろうか 自分だったらこうするのかな。と思いながらギターとペンを手に取り書いていました。子から親へ、親から子へ「もう一度」贈りたい物 それは「ふたつとない家族愛」
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください! 引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
×

この広告は1年以上更新がないブログに表示されております。